テニスの練習

部品構造


  • 大部品: テニスの練習 RD:21 評価値:7
    • 大部品: テニスの練習の事前準備 RD:2 評価値:1
      • 部品: 道具の準備と手入れ
      • 部品: テニスコートの準備
    • 大部品: 身体を鍛える(テニスの練習) RD:4 評価値:3
      • 部品: 準備運動
      • 部品: 筋力トレーニング
      • 部品: 走り込み
      • 部品: ダッシュ
    • 大部品: 技術の習得(テニスの練習) RD:9 評価値:5
      • 部品: ストローク練習
      • 部品: サーブ練習
      • 部品: レシーブ練習
      • 部品: ボレー練習
      • 部品: スマッシュ練習
      • 部品: ロブ練習
      • 部品: ドライブショット
      • 部品: スライスショット
      • 部品: 模擬戦
    • 大部品: テニスの練習での体調管理 RD:2 評価値:1
      • 部品: 休憩と栄養補給
      • 部品: クールダウン
    • 大部品: ダブルス(テニス)の練習 RD:4 評価値:3
      • 部品: ミーティング
      • 部品: コンビネーションの練習
      • 部品: 声を掛け合う
      • 部品: 陣形の使い分け



部品定義


部品: 道具の準備と手入れ

テニスの練習には、最低限ラケットとボール、そしてテニスシューズが必要である。
ラケットは同じフレームであっても使用するガットや、その張り具合の強さは個人のスタイルによって変わり、さらに練習用と試合用を使い分ける人もいるように意外と手間がかかるのだ。
ボールも試合球と練習球がある。資金が潤沢なところは練習でも試合球を使っていたりしてリッチである。ボールは紛失しやすいので、練習前と練習後の個数チェックは忘れてはならない。
テニスコートは競技用に表面が整えられており、状態を保つために凹凸の多い靴底、固い靴底の靴で立ち入ってはならない。ちゃんとテニスシューズを履くこと。スパイクなどもってのほかである。

部品: テニスコートの準備

テニスの練習の前にはまずテニスコートを整えなければならない。通常、テニスコートのネットは常に張った状態にしておくとワイヤーが傷みやすいため、緩めた状態にしてある。使用時にはワイヤーを張った状態にして、使用後にはまた緩めなければならない。
ハードコートの場合はコートの手入れは定期的に行われれば足りるが、グラスコートやクレーコートでは日々のメンテナンスが必要である。
屋外のクレーコートが雨の翌日にでこぼこになっていて、誰だコートに入ったやつはと怒りながらローラーがけをした経験がある人もいるだろう。

部品: 準備運動

練習の前には準備運動が欠かせない。身体をほぐし、筋肉を温めることで代謝を高めるとともに、特に怪我をしやすい関節回りのストレッチが欠かせない。

部品: 筋力トレーニング

どんなスポーツでも相応の筋力が必要であり、それらがあってこそ技術も活かせる。腕立て伏せや腹筋・背筋運動、スクワットといった各種トレーニングが重要である。

部品: 走り込み

試合の間、コートの中を駆け回るだけの体力・持久力を養うための長距離走も必須の練習メニューである。地味で苦しいが、いざ試合になると終盤の体力の差は勝敗に強く結びつくのでがんばろう。

部品: ダッシュ

テニスでは瞬発力が必要である。構えた状態から瞬時に加速してボールを捕らえるためのダッシュ練習も外すことはできない。
急激な負荷が足首やアキレス腱にかかるので、練習前にはしっかりとストレッチをしておかないと危ない。

部品: ストローク練習

テニスの基本である、相手のコートにボールを打ち返す練習である。ラケットの持ち方とフォームの確認、ボールに合わせたタイミングのとり方などの基礎がしっかりしていないと先には進めない。
コート上で長くラリーを続ける練習や、的を置いてボールを当てるコントロールの練習が一般的。

部品: サーブ練習

テニスでは自分(側)と相手(側)で交互にサーブを打つようになっている。サーブは相手のボールを返すのとは異なり、自分自身でコントロールして打てる唯一の機会でありゲームの流れを作るのみならず、直接的に点を取りに行く上でも非常に重要なため、サーブの練習は重点的に行われるのが常である。
サーブ練習もフォームの確認から始まり、トスのあげ方、コースの打ち分けなどの練習が基本となる。

部品: レシーブ練習

サーブがテニスのプレイングの中で重要であることに対応し、それを打ち返すレシーブも同じく重要である。サーブは攻撃の起点であり、受け手の側からすればそれをいかに自分にとって有利な形で返せるかがゲームの展開に大きく関わる。
レシーブ練習では、サーブを想定した高い位置からの高速のボールを相手にするための瞬時の判断と行動を磨くため、ランダムなコースに打ち込まれるサーブをひたすら返していくという地道な方法が取られることが多い。もちろん返ったボールが相手の絶好球にならないよう、可能な限り厳しいコースに打ち返す必要があり、日頃のストローク練習の結果が物を言う。

部品: ボレー練習

ボレーとは、ボールをバウンドさせずにそのまま打ち返すことを指す。ボールはバウンドすることで少なからず球威や回転が弱まり、一般的には打ち返しやすくなるのだが、自分の位置とボールのコースの関係や、ネット際に詰めた場合にはバウンドを待って打ち返すことはできないため、この技術が必要になる。
またバウンドすることによってコースが変化するようなボールに対してはボレーで返すのも一つの戦術である。
ボレーの練習では、ネットを挟んだ短い距離でのボレーから初めて徐々に距離を伸ばし、また左右や高低の振り幅を大きくしていく練習法や、一定の位置で、間断なく打ち込まれるボールをひたすらボレーで返す練習などが行われる。

部品: スマッシュ練習

スマッシュはテニスにおける必殺技っぽい位置づけであり、高い位置に上がったボールを勢いよく打ち付けるショットである。当然ながらその打球の速度、威力ともに非常に高く、狙って打てればだいたい得点できると言ってもよい。フォームとしてはオーバーハンドサービスに近いが、サーブが自らトスを上げるのに対してスマッシュでは相手の返球次第であるため理想的な状態にはなかなかならない。
練習では、わざとゆるく打ち上げた、あるいは直接手を使って放ったボールを、コート上の目印に向かって打ち込む方法が一般的である。

部品: ロブ練習

ロブとはボールを相手の頭上を越えるように高く放物線を描くように打つものである。体勢が崩れたときに立て直すための時間稼ぎや、ネットに詰めてきた相手の頭上を抜いて得点を得るなどに使われるため、古くは卑怯な手として禁止されていた時期もある。現在はそういったことはない。
ロブは高く打ち上げるため着地点を正確に捉えることが難しい。練習として、相手コート奥に目印を用意し、フロントコートにラケットを持った人を立たせ、その頭上を越して目印にボールを当てるといった方法が多い。

部品: ドライブショット

ドライブとは順回転のことであり、その名の通りボールに強い順回転をかけて打つことを言う。ドライブショットはその回転と空気抵抗の作用で真っ直ぐかつやや沈み込むような軌道を描き、バウンド時には勢いよく跳ね上がるため、相手の足下を狙って打つことで返球を困難にする。基本的かつ攻撃的なショットである。

部品: スライスショット

スライスは逆回転のことであり、こちらはボールに逆回転をかけて打つことを言う。スライスショットは打球の速度がやや落ち、滞空時間が長くなるショットであるため、基本的には崩れた体勢を整えるための時間稼ぎなどに使われる防御寄りのショットである。しかしスライスショットはバウンドしてもあまり弾まない、ドライブに比べて回転の強度をコントロールしやすく、横回転と合わせることで多彩な軌道を描くことも可能なことから、攻撃的な用い方も可能である。
練習としては、とにかく打つ力の強弱と回転の調整を感覚で掴むことが重視される。

部品: 模擬戦

相手を決めて試合形式で行われる練習。多くの場合は通常の試合よりも短いゲーム数で行う。また試合形式ではあるが練習であり、それぞれ与えられた課題を中心にプレイしなくてはならない。大事なのは勝ち負けではなく中身である。

部品: 休憩と栄養補給

オーバーワークや集中力の低下による事故を防ぐために、練習の合間には適度に休憩を挟むことが必要である。スポーツドリンク等で失われた水分や栄養素を補うことも欠かせない。

部品: クールダウン

練習後には酷使した体を休めることが必要である。激しい運動の後にはきちんと締めのストレッチやマッサージを行い、余分な疲れが身体に残らないようにケアすることが大事。

部品: ミーティング

ダブルス競技では言うまでもなくペアのコンビネーションが極めて重要であり、その第一歩はゲームの展望を共有し、戦略と戦術を考え、それを実現するために必要な課題を話し合い明確にすることである。

部品: コンビネーションの練習

ダブルスでは多くの場合、一方が前衛寄り、もう一方が後衛寄りのポジションを採用する。それぞれのポジションに応じた動きを確認し、穴が出来ないような位置取りをする練習や、一方が積極的に攻めに行った場合のカバーなど、ダブルス特有の動きを反復練習する。

部品: 声を掛け合う

経験を積んだダブルスのペアであっても、そうそう以心伝心とはいかないため、ゲーム中に互いに声を掛け合うことは大事である。

部品: 陣形の使い分け

ダブルスならではの特殊な戦術が陣形の使い分けである。基本的にはペアで前衛と後衛に分れる陣形に、例えば、ペアの両方が前衛の位置取りをする前衛並行陣であったり、反対にどちらもベースライン付近に構える後衛並行陣、前衛と後衛がセンターに一列に並ぶIフォーメーションなどを組み合わせて相手によって使い分けることでゲームを有利に運ぶことが重要である。


提出書式


大部品: テニスの練習 RD:21 評価値:7
 -大部品: テニスの練習の事前準備 RD:2 評価値:1
 --部品: 道具の準備と手入れ
 --部品: テニスコートの準備
 -大部品: 身体を鍛える(テニスの練習) RD:4 評価値:3
 --部品: 準備運動
 --部品: 筋力トレーニング
 --部品: 走り込み
 --部品: ダッシュ
 -大部品: 技術の習得(テニスの練習) RD:9 評価値:5
 --部品: ストローク練習
 --部品: サーブ練習
 --部品: レシーブ練習
 --部品: ボレー練習
 --部品: スマッシュ練習
 --部品: ロブ練習
 --部品: ドライブショット
 --部品: スライスショット
 --部品: 模擬戦
 -大部品: テニスの練習での体調管理 RD:2 評価値:1
 --部品: 休憩と栄養補給
 --部品: クールダウン
 -大部品: ダブルス(テニス)の練習 RD:4 評価値:3
 --部品: ミーティング
 --部品: コンビネーションの練習
 --部品: 声を掛け合う
 --部品: 陣形の使い分け
 
 
 部品: 道具の準備と手入れ
 テニスの練習には、最低限ラケットとボール、そしてテニスシューズが必要である。
 ラケットは同じフレームであっても使用するガットや、その張り具合の強さは個人のスタイルによって変わり、さらに練習用と試合用を使い分ける人もいるように意外と手間がかかるのだ。
 ボールも試合球と練習球がある。資金が潤沢なところは練習でも試合球を使っていたりしてリッチである。ボールは紛失しやすいので、練習前と練習後の個数チェックは忘れてはならない。
 テニスコートは競技用に表面が整えられており、状態を保つために凹凸の多い靴底、固い靴底の靴で立ち入ってはならない。ちゃんとテニスシューズを履くこと。スパイクなどもってのほかである。
 
 部品: テニスコートの準備
 テニスの練習の前にはまずテニスコートを整えなければならない。通常、テニスコートのネットは常に張った状態にしておくとワイヤーが傷みやすいため、緩めた状態にしてある。使用時にはワイヤーを張った状態にして、使用後にはまた緩めなければならない。
 ハードコートの場合はコートの手入れは定期的に行われれば足りるが、グラスコートやクレーコートでは日々のメンテナンスが必要である。
 屋外のクレーコートが雨の翌日にでこぼこになっていて、誰だコートに入ったやつはと怒りながらローラーがけをした経験がある人もいるだろう。
 
 部品: 準備運動
 練習の前には準備運動が欠かせない。身体をほぐし、筋肉を温めることで代謝を高めるとともに、特に怪我をしやすい関節回りのストレッチが欠かせない。
 
 部品: 筋力トレーニング
 どんなスポーツでも相応の筋力が必要であり、それらがあってこそ技術も活かせる。腕立て伏せや腹筋・背筋運動、スクワットといった各種トレーニングが重要である。
 
 部品: 走り込み
 試合の間、コートの中を駆け回るだけの体力・持久力を養うための長距離走も必須の練習メニューである。地味で苦しいが、いざ試合になると終盤の体力の差は勝敗に強く結びつくのでがんばろう。
 
 部品: ダッシュ
 テニスでは瞬発力が必要である。構えた状態から瞬時に加速してボールを捕らえるためのダッシュ練習も外すことはできない。
 急激な負荷が足首やアキレス腱にかかるので、練習前にはしっかりとストレッチをしておかないと危ない。
 
 部品: ストローク練習
 テニスの基本である、相手のコートにボールを打ち返す練習である。ラケットの持ち方とフォームの確認、ボールに合わせたタイミングのとり方などの基礎がしっかりしていないと先には進めない。
 コート上で長くラリーを続ける練習や、的を置いてボールを当てるコントロールの練習が一般的。
 
 部品: サーブ練習
 テニスでは自分(側)と相手(側)で交互にサーブを打つようになっている。サーブは相手のボールを返すのとは異なり、自分自身でコントロールして打てる唯一の機会でありゲームの流れを作るのみならず、直接的に点を取りに行く上でも非常に重要なため、サーブの練習は重点的に行われるのが常である。
 サーブ練習もフォームの確認から始まり、トスのあげ方、コースの打ち分けなどの練習が基本となる。
 
 部品: レシーブ練習
 サーブがテニスのプレイングの中で重要であることに対応し、それを打ち返すレシーブも同じく重要である。サーブは攻撃の起点であり、受け手の側からすればそれをいかに自分にとって有利な形で返せるかがゲームの展開に大きく関わる。
 レシーブ練習では、サーブを想定した高い位置からの高速のボールを相手にするための瞬時の判断と行動を磨くため、ランダムなコースに打ち込まれるサーブをひたすら返していくという地道な方法が取られることが多い。もちろん返ったボールが相手の絶好球にならないよう、可能な限り厳しいコースに打ち返す必要があり、日頃のストローク練習の結果が物を言う。
 
 部品: ボレー練習
 ボレーとは、ボールをバウンドさせずにそのまま打ち返すことを指す。ボールはバウンドすることで少なからず球威や回転が弱まり、一般的には打ち返しやすくなるのだが、自分の位置とボールのコースの関係や、ネット際に詰めた場合にはバウンドを待って打ち返すことはできないため、この技術が必要になる。
 またバウンドすることによってコースが変化するようなボールに対してはボレーで返すのも一つの戦術である。
 ボレーの練習では、ネットを挟んだ短い距離でのボレーから初めて徐々に距離を伸ばし、また左右や高低の振り幅を大きくしていく練習法や、一定の位置で、間断なく打ち込まれるボールをひたすらボレーで返す練習などが行われる。
 
 部品: スマッシュ練習
 スマッシュはテニスにおける必殺技っぽい位置づけであり、高い位置に上がったボールを勢いよく打ち付けるショットである。当然ながらその打球の速度、威力ともに非常に高く、狙って打てればだいたい得点できると言ってもよい。フォームとしてはオーバーハンドサービスに近いが、サーブが自らトスを上げるのに対してスマッシュでは相手の返球次第であるため理想的な状態にはなかなかならない。
 練習では、わざとゆるく打ち上げた、あるいは直接手を使って放ったボールを、コート上の目印に向かって打ち込む方法が一般的である。
 
 部品: ロブ練習
 ロブとはボールを相手の頭上を越えるように高く放物線を描くように打つものである。体勢が崩れたときに立て直すための時間稼ぎや、ネットに詰めてきた相手の頭上を抜いて得点を得るなどに使われるため、古くは卑怯な手として禁止されていた時期もある。現在はそういったことはない。
 ロブは高く打ち上げるため着地点を正確に捉えることが難しい。練習として、相手コート奥に目印を用意し、フロントコートにラケットを持った人を立たせ、その頭上を越して目印にボールを当てるといった方法が多い。
 
 部品: ドライブショット
 ドライブとは順回転のことであり、その名の通りボールに強い順回転をかけて打つことを言う。ドライブショットはその回転と空気抵抗の作用で真っ直ぐかつやや沈み込むような軌道を描き、バウンド時には勢いよく跳ね上がるため、相手の足下を狙って打つことで返球を困難にする。基本的かつ攻撃的なショットである。
 
 部品: スライスショット
 スライスは逆回転のことであり、こちらはボールに逆回転をかけて打つことを言う。スライスショットは打球の速度がやや落ち、滞空時間が長くなるショットであるため、基本的には崩れた体勢を整えるための時間稼ぎなどに使われる防御寄りのショットである。しかしスライスショットはバウンドしてもあまり弾まない、ドライブに比べて回転の強度をコントロールしやすく、横回転と合わせることで多彩な軌道を描くことも可能なことから、攻撃的な用い方も可能である。
 練習としては、とにかく打つ力の強弱と回転の調整を感覚で掴むことが重視される。
 
 部品: 模擬戦
 相手を決めて試合形式で行われる練習。多くの場合は通常の試合よりも短いゲーム数で行う。また試合形式ではあるが練習であり、それぞれ与えられた課題を中心にプレイしなくてはならない。大事なのは勝ち負けではなく中身である。
 
 部品: 休憩と栄養補給
 オーバーワークや集中力の低下による事故を防ぐために、練習の合間には適度に休憩を挟むことが必要である。スポーツドリンク等で失われた水分や栄養素を補うことも欠かせない。
 
 部品: クールダウン
 練習後には酷使した体を休めることが必要である。激しい運動の後にはきちんと締めのストレッチやマッサージを行い、余分な疲れが身体に残らないようにケアすることが大事。
 
 部品: ミーティング
 ダブルス競技では言うまでもなくペアのコンビネーションが極めて重要であり、その第一歩はゲームの展望を共有し、戦略と戦術を考え、それを実現するために必要な課題を話し合い明確にすることである。
 
 部品: コンビネーションの練習
 ダブルスでは多くの場合、一方が前衛寄り、もう一方が後衛寄りのポジションを採用する。それぞれのポジションに応じた動きを確認し、穴が出来ないような位置取りをする練習や、一方が積極的に攻めに行った場合のカバーなど、ダブルス特有の動きを反復練習する。
 
 部品: 声を掛け合う
 経験を積んだダブルスのペアであっても、そうそう以心伝心とはいかないため、ゲーム中に互いに声を掛け合うことは大事である。
 
 部品: 陣形の使い分け
 ダブルスならではの特殊な戦術が陣形の使い分けである。基本的にはペアで前衛と後衛に分れる陣形に、例えば、ペアの両方が前衛の位置取りをする前衛並行陣であったり、反対にどちらもベースライン付近に構える後衛並行陣、前衛と後衛がセンターに一列に並ぶIフォーメーションなどを組み合わせて相手によって使い分けることでゲームを有利に運ぶことが重要である。
 
 


インポート用定義データ


[
   {
     "title": "テニスの練習",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "テニスの練習の事前準備",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "道具の準備と手入れ",
             "description": "テニスの練習には、最低限ラケットとボール、そしてテニスシューズが必要である。\nラケットは同じフレームであっても使用するガットや、その張り具合の強さは個人のスタイルによって変わり、さらに練習用と試合用を使い分ける人もいるように意外と手間がかかるのだ。\nボールも試合球と練習球がある。資金が潤沢なところは練習でも試合球を使っていたりしてリッチである。ボールは紛失しやすいので、練習前と練習後の個数チェックは忘れてはならない。\nテニスコートは競技用に表面が整えられており、状態を保つために凹凸の多い靴底、固い靴底の靴で立ち入ってはならない。ちゃんとテニスシューズを履くこと。スパイクなどもってのほかである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "テニスコートの準備",
             "description": "テニスの練習の前にはまずテニスコートを整えなければならない。通常、テニスコートのネットは常に張った状態にしておくとワイヤーが傷みやすいため、緩めた状態にしてある。使用時にはワイヤーを張った状態にして、使用後にはまた緩めなければならない。\nハードコートの場合はコートの手入れは定期的に行われれば足りるが、グラスコートやクレーコートでは日々のメンテナンスが必要である。\n屋外のクレーコートが雨の翌日にでこぼこになっていて、誰だコートに入ったやつはと怒りながらローラーがけをした経験がある人もいるだろう。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "身体を鍛える(テニスの練習)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "準備運動",
             "description": "練習の前には準備運動が欠かせない。身体をほぐし、筋肉を温めることで代謝を高めるとともに、特に怪我をしやすい関節回りのストレッチが欠かせない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "筋力トレーニング",
             "description": "どんなスポーツでも相応の筋力が必要であり、それらがあってこそ技術も活かせる。腕立て伏せや腹筋・背筋運動、スクワットといった各種トレーニングが重要である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "走り込み",
             "description": "試合の間、コートの中を駆け回るだけの体力・持久力を養うための長距離走も必須の練習メニューである。地味で苦しいが、いざ試合になると終盤の体力の差は勝敗に強く結びつくのでがんばろう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ダッシュ",
             "description": "テニスでは瞬発力が必要である。構えた状態から瞬時に加速してボールを捕らえるためのダッシュ練習も外すことはできない。\n急激な負荷が足首やアキレス腱にかかるので、練習前にはしっかりとストレッチをしておかないと危ない。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "技術の習得(テニスの練習)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ストローク練習",
             "description": "テニスの基本である、相手のコートにボールを打ち返す練習である。ラケットの持ち方とフォームの確認、ボールに合わせたタイミングのとり方などの基礎がしっかりしていないと先には進めない。\nコート上で長くラリーを続ける練習や、的を置いてボールを当てるコントロールの練習が一般的。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "サーブ練習",
             "description": "テニスでは自分(側)と相手(側)で交互にサーブを打つようになっている。サーブは相手のボールを返すのとは異なり、自分自身でコントロールして打てる唯一の機会でありゲームの流れを作るのみならず、直接的に点を取りに行く上でも非常に重要なため、サーブの練習は重点的に行われるのが常である。\nサーブ練習もフォームの確認から始まり、トスのあげ方、コースの打ち分けなどの練習が基本となる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "レシーブ練習",
             "description": "サーブがテニスのプレイングの中で重要であることに対応し、それを打ち返すレシーブも同じく重要である。サーブは攻撃の起点であり、受け手の側からすればそれをいかに自分にとって有利な形で返せるかがゲームの展開に大きく関わる。\nレシーブ練習では、サーブを想定した高い位置からの高速のボールを相手にするための瞬時の判断と行動を磨くため、ランダムなコースに打ち込まれるサーブをひたすら返していくという地道な方法が取られることが多い。もちろん返ったボールが相手の絶好球にならないよう、可能な限り厳しいコースに打ち返す必要があり、日頃のストローク練習の結果が物を言う。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ボレー練習",
             "description": "ボレーとは、ボールをバウンドさせずにそのまま打ち返すことを指す。ボールはバウンドすることで少なからず球威や回転が弱まり、一般的には打ち返しやすくなるのだが、自分の位置とボールのコースの関係や、ネット際に詰めた場合にはバウンドを待って打ち返すことはできないため、この技術が必要になる。\nまたバウンドすることによってコースが変化するようなボールに対してはボレーで返すのも一つの戦術である。\nボレーの練習では、ネットを挟んだ短い距離でのボレーから初めて徐々に距離を伸ばし、また左右や高低の振り幅を大きくしていく練習法や、一定の位置で、間断なく打ち込まれるボールをひたすらボレーで返す練習などが行われる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "スマッシュ練習",
             "description": "スマッシュはテニスにおける必殺技っぽい位置づけであり、高い位置に上がったボールを勢いよく打ち付けるショットである。当然ながらその打球の速度、威力ともに非常に高く、狙って打てればだいたい得点できると言ってもよい。フォームとしてはオーバーハンドサービスに近いが、サーブが自らトスを上げるのに対してスマッシュでは相手の返球次第であるため理想的な状態にはなかなかならない。\n練習では、わざとゆるく打ち上げた、あるいは直接手を使って放ったボールを、コート上の目印に向かって打ち込む方法が一般的である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ロブ練習",
             "description": "ロブとはボールを相手の頭上を越えるように高く放物線を描くように打つものである。体勢が崩れたときに立て直すための時間稼ぎや、ネットに詰めてきた相手の頭上を抜いて得点を得るなどに使われるため、古くは卑怯な手として禁止されていた時期もある。現在はそういったことはない。\nロブは高く打ち上げるため着地点を正確に捉えることが難しい。練習として、相手コート奥に目印を用意し、フロントコートにラケットを持った人を立たせ、その頭上を越して目印にボールを当てるといった方法が多い。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ドライブショット",
             "description": "ドライブとは順回転のことであり、その名の通りボールに強い順回転をかけて打つことを言う。ドライブショットはその回転と空気抵抗の作用で真っ直ぐかつやや沈み込むような軌道を描き、バウンド時には勢いよく跳ね上がるため、相手の足下を狙って打つことで返球を困難にする。基本的かつ攻撃的なショットである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "スライスショット",
             "description": "スライスは逆回転のことであり、こちらはボールに逆回転をかけて打つことを言う。スライスショットは打球の速度がやや落ち、滞空時間が長くなるショットであるため、基本的には崩れた体勢を整えるための時間稼ぎなどに使われる防御寄りのショットである。しかしスライスショットはバウンドしてもあまり弾まない、ドライブに比べて回転の強度をコントロールしやすく、横回転と合わせることで多彩な軌道を描くことも可能なことから、攻撃的な用い方も可能である。\n練習としては、とにかく打つ力の強弱と回転の調整を感覚で掴むことが重視される。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "模擬戦",
             "description": "相手を決めて試合形式で行われる練習。多くの場合は通常の試合よりも短いゲーム数で行う。また試合形式ではあるが練習であり、それぞれ与えられた課題を中心にプレイしなくてはならない。大事なのは勝ち負けではなく中身である。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "テニスの練習での体調管理",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "休憩と栄養補給",
             "description": "オーバーワークや集中力の低下による事故を防ぐために、練習の合間には適度に休憩を挟むことが必要である。スポーツドリンク等で失われた水分や栄養素を補うことも欠かせない。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "クールダウン",
             "description": "練習後には酷使した体を休めることが必要である。激しい運動の後にはきちんと締めのストレッチやマッサージを行い、余分な疲れが身体に残らないようにケアすることが大事。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "ダブルス(テニス)の練習",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ミーティング",
             "description": "ダブルス競技では言うまでもなくペアのコンビネーションが極めて重要であり、その第一歩はゲームの展望を共有し、戦略と戦術を考え、それを実現するために必要な課題を話し合い明確にすることである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "コンビネーションの練習",
             "description": "ダブルスでは多くの場合、一方が前衛寄り、もう一方が後衛寄りのポジションを採用する。それぞれのポジションに応じた動きを確認し、穴が出来ないような位置取りをする練習や、一方が積極的に攻めに行った場合のカバーなど、ダブルス特有の動きを反復練習する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "声を掛け合う",
             "description": "経験を積んだダブルスのペアであっても、そうそう以心伝心とはいかないため、ゲーム中に互いに声を掛け合うことは大事である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "陣形の使い分け",
             "description": "ダブルスならではの特殊な戦術が陣形の使い分けである。基本的にはペアで前衛と後衛に分れる陣形に、例えば、ペアの両方が前衛の位置取りをする前衛並行陣であったり、反対にどちらもベースライン付近に構える後衛並行陣、前衛と後衛がセンターに一列に並ぶIフォーメーションなどを組み合わせて相手によって使い分けることでゲームを有利に運ぶことが重要である。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]


  • 最終更新:2017-08-20 03:11:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード