ヘルム+1(ユーラ版)

部品構造


  • 大部品: ヘルム+1(ユーラ版) RD:6 評価値:4
    • 大部品: ヘルム+1(ユーラ版)の防護機能 RD:3 評価値:2
      • 部品: ヘルム
      • 部品: 上質の兜
      • 部品: 防護機能
    • 大部品: ヘルム+1(ユーラ版)を武器として使う RD:1 評価値:0
      • 部品: 変な突起
    • 大部品: ヘルム+1(ユーラ版)を被ったときの見た目 RD:1 評価値:0
      • 部品: 怖い顔
    • 大部品: ヘルム+1(ユーラ版)の間違ったようで正しい使い方 RD:1 評価値:0
      • 部品: 漢料理



部品定義


部品: ヘルム

いわゆる兜であり、戦闘中の攻撃から頭部を守るために身につける防具。頭部は人間の急所であり、そこを防護する兜は重要性が高い。古くは木や青銅で作られたものもあるが、基本的に鉄で作られる。

部品: 上質の兜

ヘルム+1の名の通り、一般的なヘルムよりも、素材、製作技術、見た目の迫力などが優れた上質なものとなっている。迷宮を抜けた者に与えられたものだけに普通とはひと味違うということだろうか。

部品: 防護機能

人間の頭部は脳や目や耳をはじめ重要な感覚器官が集中しているため、そこを守るヘルムにも高い防護性能が求められる。その分、重さもあるが、形状を工夫することで頭がちょうど良くはまるようになっており、疲れにくい。

部品: 変な突起

ヘルムには変な突起が付いており、素手で殴りかかろうものならば逆にその突起で負傷する。また、敵とつばぜり合いをするほどに接近した状態であれば、兜で頭突きをしたときにこの突起が凶悪な武器となるだろう。

部品: 怖い顔

ヘルムを被ったことによる気の引き締まりと、なぜかヘルムに付いている突起の影響で、被った者の顔が怖く見えてしまう。戦場では相手を怯ませるのに効果的であるが、普段は表情を和らげるように努めるのが良いだろう。

部品: 漢料理

ヘルムは調理器具にもなるのである。そう聞くとなにか間違った使い方のように思えるが、洋の東西を問わず、兜は戦の合間の食事の際には重要な調理器具であった。兜を鍋代わりにして、糧食を湯で煮込んだ料理は漢らしい豪快な料理であるが、貴重な温食として好まれた。



提出書式


大部品: ヘルム+1(ユーラ版) RD:6 評価値:4
 -大部品: ヘルム+1(ユーラ版)の防護機能 RD:3 評価値:2
 --部品: ヘルム
 --部品: 上質の兜
 --部品: 防護機能
 -大部品: ヘルム+1(ユーラ版)を武器として使う RD:1 評価値:0
 --部品: 変な突起
 -大部品: ヘルム+1(ユーラ版)を被ったときの見た目 RD:1 評価値:0
 --部品: 怖い顔
 -大部品: ヘルム+1(ユーラ版)の間違ったようで正しい使い方 RD:1 評価値:0
 --部品: 漢料理
 
 
 部品: ヘルム
 いわゆる兜であり、戦闘中の攻撃から頭部を守るために身につける防具。頭部は人間の急所であり、そこを防護する兜は重要性が高い。古くは木や青銅で作られたものもあるが、基本的に鉄で作られる。
 
 部品: 上質の兜
 ヘルム+1の名の通り、一般的なヘルムよりも、素材、製作技術、見た目の迫力などが優れた上質なものとなっている。迷宮を抜けた者に与えられたものだけに普通とはひと味違うということだろうか。
 
 部品: 防護機能
 人間の頭部は脳や目や耳をはじめ重要な感覚器官が集中しているため、そこを守るヘルムにも高い防護性能が求められる。その分、重さもあるが、形状を工夫することで頭がちょうど良くはまるようになっており、疲れにくい。
 
 部品: 変な突起
 ヘルムには変な突起が付いており、素手で殴りかかろうものならば逆にその突起で負傷する。また、敵とつばぜり合いをするほどに接近した状態であれば、兜で頭突きをしたときにこの突起が凶悪な武器となるだろう。
 
 部品: 怖い顔
 ヘルムを被ったことによる気の引き締まりと、なぜかヘルムに付いている突起の影響で、被った者の顔が怖く見えてしまう。戦場では相手を怯ませるのに効果的であるが、普段は表情を和らげるように努めるのが良いだろう。
 
 部品: 漢料理
 ヘルムは調理器具にもなるのである。そう聞くとなにか間違った使い方のように思えるが、洋の東西を問わず、兜は戦の合間の食事の際には重要な調理器具であった。兜を鍋代わりにして、糧食を湯で煮込んだ料理は漢らしい豪快な料理であるが、貴重な温食として好まれた。
 
 


インポート用定義データ


[
   {
     "title": "ヘルム+1(ユーラ版)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "ヘルム+1(ユーラ版)の防護機能",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ヘルム",
             "description": "いわゆる兜であり、戦闘中の攻撃から頭部を守るために身につける防具。頭部は人間の急所であり、そこを防護する兜は重要性が高い。古くは木や青銅で作られたものもあるが、基本的に鉄で作られる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "上質の兜",
             "description": "ヘルム+1の名の通り、一般的なヘルムよりも、素材、製作技術、見た目の迫力などが優れた上質なものとなっている。迷宮を抜けた者に与えられたものだけに普通とはひと味違うということだろうか。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "防護機能",
             "description": "人間の頭部は脳や目や耳をはじめ重要な感覚器官が集中しているため、そこを守るヘルムにも高い防護性能が求められる。その分、重さもあるが、形状を工夫することで頭がちょうど良くはまるようになっており、疲れにくい。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "ヘルム+1(ユーラ版)を武器として使う",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "変な突起",
             "description": "ヘルムには変な突起が付いており、素手で殴りかかろうものならば逆にその突起で負傷する。また、敵とつばぜり合いをするほどに接近した状態であれば、兜で頭突きをしたときにこの突起が凶悪な武器となるだろう。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "ヘルム+1(ユーラ版)を被ったときの見た目",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "怖い顔",
             "description": "ヘルムを被ったことによる気の引き締まりと、なぜかヘルムに付いている突起の影響で、被った者の顔が怖く見えてしまう。戦場では相手を怯ませるのに効果的であるが、普段は表情を和らげるように努めるのが良いだろう。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "ヘルム+1(ユーラ版)の間違ったようで正しい使い方",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "漢料理",
             "description": "ヘルムは調理器具にもなるのである。そう聞くとなにか間違った使い方のように思えるが、洋の東西を問わず、兜は戦の合間の食事の際には重要な調理器具であった。兜を鍋代わりにして、糧食を湯で煮込んだ料理は漢らしい豪快な料理であるが、貴重な温食として好まれた。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": false
   }
 ]



  • 最終更新:2017-08-20 21:03:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード