宝飾工房

部品構造


  • 大部品: 宝飾工房 RD:40 評価値:9
    • 大部品: 工房の概要 RD:3 評価値:2
      • 部品: ほねっこの伝統工芸の復活
      • 部品: 個人工房
      • 部品: 伝統工芸としての銀細工
    • 大部品: 工房管理 RD:8 評価値:5
      • 部品: 宝飾品の管理
      • 部品: 個人情報の管理
      • 部品: 工房間の繋がり
      • 部品: 事務所
      • 大部品: セキュリティ RD:2 評価値:1
      • -部品: 警官の巡回立ち寄り
      • -部品: 直通の通報ボタン
      • 大部品: 安全上の心がけ RD:2 評価値:1
      • -部品: 作業場所のこまめな掃除
      • -部品: 休憩と軽い運動
    • 大部品: 工房職人の仕事 RD:9 評価値:5
      • 部品: 宝飾品の製作
      • 部品: 後継者育成
      • 部品: 技術向上への取り組み
      • 部品: 国際交流
      • 部品: ワークショップ
      • 部品: コンテストへの応募
      • 部品: 臨時講師
      • 大部品: 技術の提供 RD:2 評価値:1
      • -部品: 装飾技術の提供
      • -部品: 宝石や宝飾品の鑑定
    • 大部品: 宝飾品販売 RD:5 評価値:3
      • 部品: オリジナル商品の販売
      • 部品: 手頃な値段
      • 部品: オーダーメイド
      • 部品: パターンオーダー用カタログ
      • 部品: 展示会への参加
    • 大部品: 宝飾品の修理 RD:4 評価値:3
      • 部品: 指輪の直し
      • 部品: ネックレスの修理
      • 部品: イヤリング・ピアスの修理
      • 部品: パールの修理
    • 大部品: 宝飾品のリフォーム RD:4 評価値:3
      • 部品: 家族から贈られた宝飾品
      • 部品: 職人によるヒアリングとアドバイス
      • 部品: リフォーム用カタログ
      • 部品: アフターケア
    • 大部品: 工房に置かれる機材類 RD:6 評価値:4
      • 部品: ワックス(宝飾品用)
      • 部品: 地金
      • 部品: 素材となる宝石類
      • 部品: 鋳造用の真空電気炉
      • 部品: 成形・彫金に用いる工具類
      • 部品: 宝石加工用の機器類
    • 部品: 互助組合



部品定義


部品: ほねっこの伝統工芸の復活

貴金属工業は元々ほねっこの伝統工芸であった。主に銀の加工を中心として行われており、技術は細々と受け継がれていたが今回の産業育成により再び国の産業の要として蘇るのであった。

部品: 個人工房

個人経営の宝飾工房。工房によって彫金や研磨など得意分野はそれぞれ違い各工場の特色が見られている。産業復興に伴い老舗の工房から若手の工房までその数は増えている。最近では新ほねっこ城市郊外に出来た大型ショッピングモール『ほねころモール』に工房を構える職人も増えてきた。職人1人だけの工房から、数名の職人を抱える工房まで多種多様である。

部品: 伝統工芸としての銀細工

ほねっこの伝統工芸として伝えられている銀細工の技術は、元々は冬の農業が出来ない時期の間の収入源として生まれたものである。ほねっこ独自の進化を遂げたデザインと細やかな細工は国内の様々な場所で見られていた。古くから続いている工房にはこの伝統を受け継ぎ後世に伝えている職人もいる。

部品: 宝飾品の管理

販売品や客から預かった宝飾品は、営業時間が過ぎると専用の金庫に保管されている。保管時と金庫から出すときには数名で宝石の種類と個数を記録して確認している。また販売した数と金庫に保管する数を比較して盗難などがないか確認している。特にリフォームや修理で預かっているものは客の思い出も預かっているのも同様でありこの瞬間が気が引き締まる。

部品: 個人情報の管理

各工房の顧客情報は個人情報の塊である。他者に見られないように各工房は台帳やPC(データ流出防止のためネットワークに繋がっていない)のデータ管理を厳重に行うようにしている。

部品: 工房間の繋がり

工房の中には宝石研磨の専門、リフォーム専門など各工房それぞれの特色がある。職人によっても得意不得意があるため工房同士で協力したり情報提供を行うなど横の繋がりがある。

部品: 事務所

宝飾品の製作をメインとする工房であっても、資材の購入や宝飾品の卸売りや小売りの売り上げなどの管理は欠かせない。それらの事務仕事を行うために作業場とは別に部屋が用意されているのが常である。来客や商談時の応接室も兼ねていることが多い。

部品: 警官の巡回立ち寄り

宝飾工房自身でも商品や資材の管理には細心の注意を払っているが、扱う商品が高価かつ持ち出しやすいことを考えて警邏の警官による立ち寄りが行われている。工房の入り口にも警官立寄り所の標札が掛けられている。

部品: 直通の通報ボタン

万が一の強盗などの事件に備えた、ワンタッチで警察署への通報ができるボタンが販売スペースに設置されている。また作業中の事故に備えた消防、病院への救急通報ボタンも作業所に設定されているところが多い。

部品: 作業場所のこまめな掃除

作業工程でワックスの削りくず、木材や銅板の切れ端などが出ることも多い。これらはこまめに掃除して片付けることで不慮の事故防止になると同時に、小さな宝石をうっかり落としてしまったときなどの紛失防止にも非常に重要である。

部品: 休憩と軽い運動

宝飾品の製作・加工の作業では、作業机やに向かって長い間同じ姿勢で作業をすることも多く、身体が凝りやすい。そのため、こまめな休憩と身体をほぐすための軽い運動が推奨されている。

部品: 宝飾品の製作

宝飾工房職人の最も基本で大事な仕事は宝飾品の製作である。きちんとした商品として販売できるようになるには何年もの下積みと日々の技術研鑽が必要になる。

部品: 後継者育成

元々ほねっこにも数少ないながら宝飾技術に関わる人材はいたが、いざ藩国内で産業を興そうとした時にまず必要なのは技術者であった。外部から技術者を招聘し国内の職人の技術向上を目指した。その技術を引き継いだ職人や引退した職人が後継者育成に関わっており、個人工房の職人も育成に関わる者が多い。

部品: 技術向上への取り組み

工房の職人は技術向上のために講習会に参加したり、職人同士で技術提供を行ったりすることもある。他国の技術を学ぶ為に他国へ留学するなど最新の技術を学ぶものも多い。同時にほねっこの伝統工芸の技術を学ぶことで古い技術と新しい技術の融合を目指す職人もいる。

部品: 国際交流

国内だけでなく、情勢次第ではあるが国外の工房への視察研修や、他国の職人・政府関係者を招いての交流会などに参加することもある。全国的な宝飾産業の活性化を図ることが期待されている。

部品: ワークショップ

すべての工房で行われているわけではないが、一般国民が自国産業のひとつに触れる機会があればという思いのもと、簡単なアクセサリー作りのワークショップを不定期に開催しているところもある(要予約)。

部品: コンテストへの応募

ほねっこジュエリーコンテスト(国内最大のコンテスト)に入賞すれば広く名を知られるチャンスになるため、多くの職人はこのコンテストを目指して日々切磋琢磨している。職人の技術競争とモチベーションアップにも一役買っている。

部品: 臨時講師

後ほねっこ男爵領には宝飾技術学校があり、そこでは現役の職人による臨時の講習がよく行われている。熟練の職人技からトレンドのデザインまで、職人歴や年齢を問わず、数多くの職人が要請を受けて臨時講師の任に就いている。


部品: 装飾技術の提供

後ほねっこ男爵領の宝飾工房の多くは彫金技術に優れたところが多い。そのため宝飾品そのものの製作だけではなく、他の製品に施される宝石や貴金属を用いた装飾部分の製作や仕上げを依頼されることもある。その仕事ぶりは高級万年筆などで見ることができる。

部品: 宝石や宝飾品の鑑定

宝飾工房の中でも宝石の取り扱いに長けた工房には、宝石や宝飾品の鑑定依頼も持ち込まれる。最も多いのが宝石の真贋鑑定と地金の鑑定である。優れた鑑定士はまれに宝飾品の製作年代や製作者の鑑定などが依頼される事もある。

部品: オリジナル商品の販売

各工房の職人がデザインや彫金を施したその工房のオリジナル商品を販売している。職人にファンがつく事もあり人気のある職人が新作を出すと買い求めに来る客も少なくない。

部品: 手頃な値段

一般向けに買うことができるお手頃な値段の本物の宝石を使ったものを作成している。値段は手頃であるが日常的な装いにあわせやすいデザインであり手に取ってもらえて長く使ってもらえるものをが職人たちの合言葉である。

部品: オーダーメイド

結婚指輪や婚約指輪をはじめとした指輪から、ペンダント・ピアスなどまで客の要望に応じて製作が可能。基本的には対面注文であり、直接会って相談することでイメージを共有して作成することが出来る。

部品: パターンオーダー用カタログ

予め用意された数十パターンのデザインを選び、地金と宝石を選ぶことで自分の好みのデザインを選ぶことがで出来るサービスがあり。デザインと地金と宝石のパターンが記載されている冊子型のカタログ。購入希望者には貸し出されている。


部品: 展示会への参加

国内外の展示会に出展しての展示販売も行われている。市場の動向や新しい販路をつかんだり、バイヤーと話すことで新しい作品への着想につながることもある。

部品: 指輪の直し

指輪のサイズが変わったことによるサイズ直し、何らかの原因による指輪の変形、指輪から石が外れてしまった等の修理を行う。また古くなった指輪の新品仕上げ加工なども請けおっている。

部品: ネックレスの修理

ネックレスのチェーン切れ、チェーンの外れ、チェーンの留め具の交換や丸カンの交換など元のネックレスの素材やサイズに合わせて修理する。

部品: イヤリング・ピアスの修理

イヤリングの留金の故障による金具の取替え、ピアスのポストの修理や金具の取替えなど、元の部品に合わせた物と交換したり客にあわせたものと交換する。

部品: パールの修理

パールのネックレスの金具交換や、ネックレスの糸替えなどを行っている。またパールは汗や脂に弱いため光沢が鈍くなることから専門クリーニング処置なども行っている。

部品: 家族から贈られた宝飾品

家族を大事にするほねっこでは、祖母や母から譲られた指輪やネックレスなどを持っている女性の割合は多い。しかし、デザインの変遷などに伴い人前で身に付けるにはそぐわない代物や一部破損しているものもある。家族の思い出を大事にしながらも身につけていたいという依頼に伴い職人がリフォームを行っている。

部品: 職人によるヒアリングとアドバイス

客と職人が一対一で応対して、希望や予算などをヒアリングしている。また迷っている場合や決められない場合にはアドバイスも行い、納得できるものを提供するように心がけている。

部品: リフォーム用カタログ

リフォーム用のカタログ。主にデザインカタログとなっており、イメージを掴みにくい客もいるため理想に近いデザインを見つけてもらうことでそれを応用したデザイン案を職人と相談してもらうこととなっている。

部品: アフターケア

リフォーム後も金具の調子がおかしい、サイズが合わないなどの場合などは調整や加工を行うなどしている。注文内容などは各自記録に残しており使用した金属やパーツなどの情報は各工房で管理している。

部品: ワックス(宝飾品用)

鋳造のための鋳型造りで使用されるワックス。スティック状、ボード状、ブロック状の他に、需要が多い指輪製作用のリング状のものもある。


部品: 地金

宝飾品の製作に使用される材料となる金、銀、プラチナに代表される貴金属。素材や純度によって特性が異なるため、製作するものに適した地金を選ぶ必要がある。

部品: 素材となる宝石類

宝飾品に使用される宝石およびその原石。基本的には宝石を専門の業者から仕入れて使用するが、宝石加工の職人がいる場合は原石の買い付けを行い、工房内で加工する。あえて原石をそのまま使用することもある。

部品: 鋳造用の真空電気炉

セラミック製のるつぼに地金を入れ、真空状態で熔解する電気炉。真空状態にすることで加熱時の地金の酸化を防ぐと同時に、鋳造時の気泡対策をしている。鋳型への注入成形には遠心力式と圧力式がある。

部品: 成形・彫金に用いる工具類

ハンマー、ペンチ、カッター、ノミ、タガネ、ヤスリ、溶接機、保護メガネなど地金を加工する際に用いられる、用途に応じた様々な工具。

部品: 宝石加工用の機器類

ピンセット、ルーペ、カラット計量器(0.001グラム単位で計れる)、鉱物用切断機、宝石研磨機、ダイヤモンドパウダー、保護メガネなど、宝石の加工時に使用されるもの。

部品: 互助組合

後ほねっこ男爵領内の宝飾工房が集まって作られている組合。相互扶助を目的としており、技術交換や共同製作の仲立ちをしたり、急な病気や怪我で仕事ができなくなった職人へのフォロー(助っ人の派遣や、組合での積立金からの生活費補助など)を行っている。

  • 最終更新:2017-08-14 23:32:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード