摂政(後ほねっこ版)

部品構造


  • 大部品: 摂政(後ほねっこ版) RD:16 評価値:6
    • 大部品: 摂政(後ほねっこ版)の着用制限 RD:1 評価値:0
      • 部品: 藩王2級資格
    • 大部品: 摂政(後ほねっこ版)のもつ権限と義務 RD:2 評価値:1
      • 部品: 摂政の持つすべての権利
      • 部品: 藩王に忠誠と輔弼の義務を持つ
    • 大部品: 摂政(後ほねっこ版)の外交戦に関する要素 RD:6 評価値:4
      • 部品: 摂政が持つ外交戦能力
      • 部品: 外交戦に関わる指揮権
      • 部品: 情報の収集と分析
      • 部品: コネクション
      • 部品: 整った外見
      • 部品: 礼儀作法を弁える
    • 大部品: 摂政(後ほねっこ版)の衣装と所持品 RD:2 評価値:1
      • 部品: 官服
      • 部品: 扇子
    • 大部品: 摂政(後ほねっこ版)の同調成功能力 RD:5 評価値:3
      • 部品: 口調や言葉遣いと声音を使い分ける
      • 部品: 言い分をよく聞く
      • 部品: 共通認識を確立する
      • 部品: 共通認識に立った方策の提案
      • 部品: 不安を取り除き、行動を促す



部品定義


部品: 藩王2級資格

摂政(後ほねっこ男爵領版)アイドレスの着用には、天領から与えられる藩王2級の資格が必要である。これは藩王による摂政の任命の報告を受けた天領の許可により与えられる。

部品: 摂政の持つすべての権利

摂政には藩国を代表し外交を担うために必要な様々な権利が藩王より与えられている。また、藩王に代わって天領や宰相とのやりとりを行うこともできる。

部品: 藩王に忠誠と輔弼の義務を持つ

摂政は藩王に忠誠を誓い、同時に藩王を輔弼する義務を負っている。藩王を助け、その決定に従い、同時にそれによる責任を共に負うことが義務づけられている。

部品: 摂政が持つ外交戦能力

摂政は外交戦を行うことが可能である。外交とは外国および外部の組織・人との交際・交渉であり、多国間の協力から問題の解決までその基礎となる摂政の任務である。

部品: 外交戦に関わる指揮権

摂政には外交戦のために藩国を指揮する権限が与えられており、国内の人員をその任務の補助のために使うことができる。むしろこれらの助けなくしてはやっていけないだろう。

部品: 情報の収集と分析

外交戦を行う上で、交際・交渉のための事前の情報収集およびその分析は重要な準備である。摂政は自らまたは他のものに依頼して情報を集め、分析することで外交戦に備える。

部品: コネクション

摂政の立場にある以上、国の内外を問わず多くの人々と接し、交流を持つことが求められる。その中で得られた人とのつながりは非常に重要である。

部品: 整った外見

外見が他者に与える印象の度合いは非常に大きい。そのため、摂政の立場にあるものは身だしなみに気を遣う。美人である必要はないが、場に合った服装や、与えたい印象に合わせて外見を整えることが重要である。

部品: 礼儀作法を弁える

公人としての振るまいが注目される場においては、礼儀を弁え、正しい作法に則ることが求められるため、常に意識して行動する。

部品: 官服

摂政は職務に当たるときは官服を着用する。官服はその身分と役職を表す重要な符号であり、同時に国内外へと影響力を行使する際の重要な装備である。そのため相応に上質な衣服であることが求められる。

部品: 扇子

摂政は扇子を持ち歩いている。その本来的な使い方すなわち風を送るために扇ぐこともなくはないが、儀礼的な小物の意味が強い。また、口元を隠して動きから発言を読み取られないようにしたり、あるいは表情を隠して内心を悟られないようにするために使うこともある。まれにカンニングペーパーとして使われることもあるとかないとか。

部品: 口調や言葉遣いと声音を使い分ける

優しくあるいは厳しくと口調を変え、また言葉も格式張ったものから砕けたもの、声音も柔らかくあるいは張り詰めた感じでと、語りかける相手と場の状況に合わせて変化させることでより聞く相手に言葉が届くように心がける。

部品: 言い分をよく聞く

同調が必要となる局面は往々にして多数の者がめいめい意見を並べて収拾が付かない状態であることが多い。その場合に強権を発動して従わせても不満がくすぶり、正しく同調したとは言えない。それぞれの言い分に耳を傾けることが必要である。

部品: 共通認識を確立する

意見が異なる人々の間でも、どこかには共通する前提、共通の認識があることがほとんどである。まずは互いに共通するものを取り上げ、確認し、その点についての合意を確立することが第一歩となる。

部品: 共通認識に立った方策の提案

確立された共通認識から導かれる望ましい結果と方策を提案し、合意の形成を促す。共通の認識から出発することで、それぞれの重視している部分や不安が明確になり、必要な対応も分かってくる。

部品: 不安を取り除き、行動を促す

人々の間の不安を理解し、それを取り除く。すぐさま解決できる問題でなくとも、摂政という立場と権限において方針を示すことで不安を和らげることはできるだろう。その上で、いま取るべき行動を示し、それを促すことで人々を同調させ行動に移すのである。


提出書式


大部品: 摂政(後ほねっこ版) RD:16 評価値:6
 -大部品: 摂政(後ほねっこ版)の着用制限 RD:1 評価値:0
 --部品: 藩王2級資格
 -大部品: 摂政(後ほねっこ版)のもつ権限と義務 RD:2 評価値:1
 --部品: 摂政の持つすべての権利
 --部品: 藩王に忠誠と輔弼の義務を持つ
 -大部品: 摂政(後ほねっこ版)の外交戦に関する要素 RD:6 評価値:4
 --部品: 摂政が持つ外交戦能力
 --部品: 外交戦に関わる指揮権
 --部品: 情報の収集と分析
 --部品: コネクション
 --部品: 整った外見
 --部品: 礼儀作法を弁える
 -大部品: 摂政(後ほねっこ版)の衣装と所持品 RD:2 評価値:1
 --部品: 官服
 --部品: 扇子
 -大部品: 摂政(後ほねっこ版)の同調成功能力 RD:5 評価値:3
 --部品: 口調や言葉遣いと声音を使い分ける
 --部品: 言い分をよく聞く
 --部品: 共通認識を確立する
 --部品: 共通認識に立った方策の提案
 --部品: 不安を取り除き、行動を促す
 
 
 部品: 藩王2級資格
 摂政(後ほねっこ男爵領版)アイドレスの着用には、天領から与えられる藩王2級の資格が必要である。これは藩王による摂政の任命の報告を受けた天領の許可により与えられる。
 
 部品: 摂政の持つすべての権利
 摂政には藩国を代表し外交を担うために必要な様々な権利が藩王より与えられている。また、藩王に代わって天領や宰相とのやりとりを行うこともできる。
 
 部品: 藩王に忠誠と輔弼の義務を持つ
 摂政は藩王に忠誠を誓い、同時に藩王を輔弼する義務を負っている。藩王を助け、その決定に従い、同時にそれによる責任を共に負うことが義務づけられている。
 
 部品: 摂政が持つ外交戦能力
 摂政は外交戦を行うことが可能である。外交とは外国および外部の組織・人との交際・交渉であり、多国間の協力から問題の解決までその基礎となる摂政の任務である。
 
 部品: 外交戦に関わる指揮権
 摂政には外交戦のために藩国を指揮する権限が与えられており、国内の人員をその任務の補助のために使うことができる。むしろこれらの助けなくしてはやっていけないだろう。
 
 部品: 情報の収集と分析
 外交戦を行う上で、交際・交渉のための事前の情報収集およびその分析は重要な準備である。摂政は自らまたは他のものに依頼して情報を集め、分析することで外交戦に備える。
 
 部品: コネクション
 摂政の立場にある以上、国の内外を問わず多くの人々と接し、交流を持つことが求められる。その中で得られた人とのつながりは非常に重要である。
 
 部品: 整った外見
 外見が他者に与える印象の度合いは非常に大きい。そのため、摂政の立場にあるものは身だしなみに気を遣う。美人である必要はないが、場に合った服装や、与えたい印象に合わせて外見を整えることが重要である。
 
 部品: 礼儀作法を弁える
 公人としての振るまいが注目される場においては、礼儀を弁え、正しい作法に則ることが求められるため、常に意識して行動する。
 
 部品: 官服
 摂政は職務に当たるときは官服を着用する。官服はその身分と役職を表す重要な符号であり、同時に国内外へと影響力を行使する際の重要な装備である。そのため相応に上質な衣服であることが求められる。
 
 部品: 扇子
 摂政は扇子を持ち歩いている。その本来的な使い方すなわち風を送るために扇ぐこともなくはないが、儀礼的な小物の意味が強い。また、口元を隠して動きから発言を読み取られないようにしたり、あるいは表情を隠して内心を悟られないようにするために使うこともある。まれにカンニングペーパーとして使われることもあるとかないとか。
 
 部品: 口調や言葉遣いと声音を使い分ける
 優しくあるいは厳しくと口調を変え、また言葉も格式張ったものから砕けたもの、声音も柔らかくあるいは張り詰めた感じでと、語りかける相手と場の状況に合わせて変化させることでより聞く相手に言葉が届くように心がける。
 
 部品: 言い分をよく聞く
 同調が必要となる局面は往々にして多数の者がめいめい意見を並べて収拾が付かない状態であることが多い。その場合に強権を発動して従わせても不満がくすぶり、正しく同調したとは言えない。それぞれの言い分に耳を傾けることが必要である。
 
 部品: 共通認識を確立する
 意見が異なる人々の間でも、どこかには共通する前提、共通の認識があることがほとんどである。まずは互いに共通するものを取り上げ、確認し、その点についての合意を確立することが第一歩となる。
 
 部品: 共通認識に立った方策の提案
 確立された共通認識から導かれる望ましい結果と方策を提案し、合意の形成を促す。共通の認識から出発することで、それぞれの重視している部分や不安が明確になり、必要な対応も分かってくる。
 
 部品: 不安を取り除き、行動を促す
 人々の間の不安を理解し、それを取り除く。すぐさま解決できる問題でなくとも、摂政という立場と権限において方針を示すことで不安を和らげることはできるだろう。その上で、いま取るべき行動を示し、それを促すことで人々を同調させ行動に移すのである。
 
 


インポート用定義データ


[
   {
     "title": "摂政(後ほねっこ版)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "摂政(後ほねっこ版)の着用制限",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "藩王2級資格",
             "description": "摂政(後ほねっこ男爵領版)アイドレスの着用には、天領から与えられる藩王2級の資格が必要である。これは藩王による摂政の任命の報告を受けた天領の許可により与えられる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "摂政(後ほねっこ版)のもつ権限と義務",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "摂政の持つすべての権利",
             "description": "摂政には藩国を代表し外交を担うために必要な様々な権利が藩王より与えられている。また、藩王に代わって天領や宰相とのやりとりを行うこともできる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "藩王に忠誠と輔弼の義務を持つ",
             "description": "摂政は藩王に忠誠を誓い、同時に藩王を輔弼する義務を負っている。藩王を助け、その決定に従い、同時にそれによる責任を共に負うことが義務づけられている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "摂政(後ほねっこ版)の外交戦に関する要素",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "摂政が持つ外交戦能力",
             "description": "摂政は外交戦を行うことが可能である。外交とは外国および外部の組織・人との交際・交渉であり、多国間の協力から問題の解決までその基礎となる摂政の任務である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "外交戦に関わる指揮権",
             "description": "摂政には外交戦のために藩国を指揮する権限が与えられており、国内の人員をその任務の補助のために使うことができる。むしろこれらの助けなくしてはやっていけないだろう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "情報の収集と分析",
             "description": "外交戦を行う上で、交際・交渉のための事前の情報収集およびその分析は重要な準備である。摂政は自らまたは他のものに依頼して情報を集め、分析することで外交戦に備える。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "コネクション",
             "description": "摂政の立場にある以上、国の内外を問わず多くの人々と接し、交流を持つことが求められる。その中で得られた人とのつながりは非常に重要である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "整った外見",
             "description": "外見が他者に与える印象の度合いは非常に大きい。そのため、摂政の立場にあるものは身だしなみに気を遣う。美人である必要はないが、場に合った服装や、与えたい印象に合わせて外見を整えることが重要である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "礼儀作法を弁える",
             "description": "公人としての振るまいが注目される場においては、礼儀を弁え、正しい作法に則ることが求められるため、常に意識して行動する。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "摂政(後ほねっこ版)の衣装と所持品",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "官服",
             "description": "摂政は職務に当たるときは官服を着用する。官服はその身分と役職を表す重要な符号であり、同時に国内外へと影響力を行使する際の重要な装備である。そのため相応に上質な衣服であることが求められる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "扇子",
             "description": "摂政は扇子を持ち歩いている。その本来的な使い方すなわち風を送るために扇ぐこともなくはないが、儀礼的な小物の意味が強い。また、口元を隠して動きから発言を読み取られないようにしたり、あるいは表情を隠して内心を悟られないようにするために使うこともある。まれにカンニングペーパーとして使われることもあるとかないとか。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "摂政(後ほねっこ版)の同調成功能力",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "口調や言葉遣いと声音を使い分ける",
             "description": "優しくあるいは厳しくと口調を変え、また言葉も格式張ったものから砕けたもの、声音も柔らかくあるいは張り詰めた感じでと、語りかける相手と場の状況に合わせて変化させることでより聞く相手に言葉が届くように心がける。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "言い分をよく聞く",
             "description": "同調が必要となる局面は往々にして多数の者がめいめい意見を並べて収拾が付かない状態であることが多い。その場合に強権を発動して従わせても不満がくすぶり、正しく同調したとは言えない。それぞれの言い分に耳を傾けることが必要である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "共通認識を確立する",
             "description": "意見が異なる人々の間でも、どこかには共通する前提、共通の認識があることがほとんどである。まずは互いに共通するものを取り上げ、確認し、その点についての合意を確立することが第一歩となる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "共通認識に立った方策の提案",
             "description": "確立された共通認識から導かれる望ましい結果と方策を提案し、合意の形成を促す。共通の認識から出発することで、それぞれの重視している部分や不安が明確になり、必要な対応も分かってくる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "不安を取り除き、行動を促す",
             "description": "人々の間の不安を理解し、それを取り除く。すぐさま解決できる問題でなくとも、摂政という立場と権限において方針を示すことで不安を和らげることはできるだろう。その上で、いま取るべき行動を示し、それを促すことで人々を同調させ行動に移すのである。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]


  • 最終更新:2017-08-20 18:45:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード