民営テニスコート

部品構造


  • 大部品: 民営テニスコート RD:9 評価値:5
    • 部品: テニスコート
    • 部品: 用具倉庫
    • 部品: 更衣室
    • 部品: フェンスとネット
    • 部品: 屋内コート
    • 部品: 照明
    • 部品: 売店
    • 部品: 用具のレンタル
    • 部品: 受付・事務所



部品定義


部品: テニスコート

広さは縦23.77m、横10.97m。シングルスの試合で使われる場合は、シングルスサイドライン間の幅である8.23mが横の長さとなる。縦の中央からネットで仕切られており、ネットからそれぞれ縦6.40mまでをサービスコート、それより奥をバックコートと呼ぶ。サービスコートの横の中央にセンターサービスラインが引かれている。
材質は、ハード(アスファルトやセメントを樹脂でコーティングしたもの)、クレー(土)、グラス(芝)が代表的であり、その他に人工芝や、屋内コート用にカーペットや木材が使用されていることもある。
競技の性質上、コート面はなめらかでなければならず、コート面を傷つける恐れがあるためテニスシューズを履かないで立ち入ってはならない。


部品: 用具倉庫

テニスコートに張るネットや、そのためのハンドル、貸し出し用のラケットやボール、スコアボード、コートの手入れ用の用具などを保管する倉庫。

部品: 更衣室

テニスコートの利用者が着替えるための部屋。一般的に男女別になっている。ここでテニスウェア等の運動に適した服装に着替え、テニスシューズに履き替えてからコートに出る。

部品: フェンスとネット

屋外テニスコートでは、ボールが敷地の外に飛び出してしまわないようにテニスコートおよびその周囲を囲んで高いフェンスが建てられている。場所によってはさらにネットで覆うなどしてボールの飛び出しを防いでいる。

部品: 屋内コート

テニスコート施設の中には屋内コートも存在する。テニスコートが丸ごと屋内にあるため、出入り口や窓を閉めていればボールが飛び出すことがないのと、空調設備によって季節を問わず適温状況下でテニスができる利点がある。その分、屋外コートに比べれば建設コストは高くなる。

部品: 照明

夜間も営業している屋外テニスコートでは、夜間用の強力な照明が設置されいる。所謂ナイター設備というやつで、日没が早い地域や、日中の暑さが厳しい地域などではこれを備えたところが多い。
屋内テニスコートに照明が備え付けられていることはあえて言うまでもないだろう。

部品: 売店

スポーツドリンクやゼリー飲料などの他にも帽子やサンバイザー、リストバンドやタオルなどの小物、さらに絆創膏や湿布、ガーゼや包帯といった応急手当のためのものを販売している。

部品: 用具のレンタル

テニスコートではラケットやシューズをレンタルしているところもある。ボールは必要分を買うシステムや、あらかじめコート利用料に含まれているところ、レンタルで紛失時にその分を精算する方式など様々。レンタル用のラケットやシューズは必ずしも自分に合うものがあるかは分からないので、テニスをある程度続ける気になったらぜひ自分用の用具を揃えよう。ラケットとシューズだけならそんなに費用もかからないぞ!

部品: 受付・事務所

テニスコートの利用の受付を行う窓口と、事務処理を行う事務所。多くのテニスコートでは予約優先で運営しており、予約受付と管理、当日の利用説明や代金の精算などがここで行われる。


提出書式


大部品: 民営テニスコート RD:9 評価値:5
 -部品: テニスコート
 -部品: 用具倉庫
 -部品: 更衣室
 -部品: フェンスとネット
 -部品: 屋内コート
 -部品: 照明
 -部品: 売店
 -部品: 用具のレンタル
 -部品: 受付・事務所
 
 
 部品: テニスコート
 広さは縦23.77m、横10.97m。シングルスの試合で使われる場合は、シングルスサイドライン間の幅である8.23mが横の長さとなる。縦の中央からネットで仕切られており、ネットからそれぞれ縦6.40mまでをサービスコート、それより奥をバックコートと呼ぶ。サービスコートの横の中央にセンターサービスラインが引かれている。
 材質は、ハード(アスファルトやセメントを樹脂でコーティングしたもの)、クレー(土)、グラス(芝)が代表的であり、その他に人工芝や、屋内コート用にカーペットや木材が使用されていることもある。
 競技の性質上、コート面はなめらかでなければならず、コート面を傷つける恐れがあるためテニスシューズを履かないで立ち入ってはならない。
 
 
 部品: 用具倉庫
 テニスコートに張るネットや、そのためのハンドル、貸し出し用のラケットやボール、スコアボード、コートの手入れ用の用具などを保管する倉庫。
 
 部品: 更衣室
 テニスコートの利用者が着替えるための部屋。一般的に男女別になっている。ここでテニスウェア等の運動に適した服装に着替え、テニスシューズに履き替えてからコートに出る。
 
 部品: フェンスとネット
 屋外テニスコートでは、ボールが敷地の外に飛び出してしまわないようにテニスコートおよびその周囲を囲んで高いフェンスが建てられている。場所によってはさらにネットで覆うなどしてボールの飛び出しを防いでいる。
 
 部品: 屋内コート
 テニスコート施設の中には屋内コートも存在する。テニスコートが丸ごと屋内にあるため、出入り口や窓を閉めていればボールが飛び出すことがないのと、空調設備によって季節を問わず適温状況下でテニスができる利点がある。その分、屋外コートに比べれば建設コストは高くなる。
 
 部品: 照明
 夜間も営業している屋外テニスコートでは、夜間用の強力な照明が設置されいる。所謂ナイター設備というやつで、日没が早い地域や、日中の暑さが厳しい地域などではこれを備えたところが多い。
 屋内テニスコートに照明が備え付けられていることはあえて言うまでもないだろう。
 
 部品: 売店
 スポーツドリンクやゼリー飲料などの他にも帽子やサンバイザー、リストバンドやタオルなどの小物、さらに絆創膏や湿布、ガーゼや包帯といった応急手当のためのものを販売している。
 
 部品: 用具のレンタル
 テニスコートではラケットやシューズをレンタルしているところもある。ボールは必要分を買うシステムや、あらかじめコート利用料に含まれているところ、レンタルで紛失時にその分を精算する方式など様々。レンタル用のラケットやシューズは必ずしも自分に合うものがあるかは分からないので、テニスをある程度続ける気になったらぜひ自分用の用具を揃えよう。ラケットとシューズだけならそんなに費用もかからないぞ!
 
 部品: 受付・事務所
 テニスコートの利用の受付を行う窓口と、事務処理を行う事務所。多くのテニスコートでは予約優先で運営しており、予約受付と管理、当日の利用説明や代金の精算などがここで行われる。
 
 


インポート用定義データ


[
   {
     "title": "民営テニスコート",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "テニスコート",
         "description": "広さは縦23.77m、横10.97m。シングルスの試合で使われる場合は、シングルスサイドライン間の幅である8.23mが横の長さとなる。縦の中央からネットで仕切られており、ネットからそれぞれ縦6.40mまでをサービスコート、それより奥をバックコートと呼ぶ。サービスコートの横の中央にセンターサービスラインが引かれている。\n材質は、ハード(アスファルトやセメントを樹脂でコーティングしたもの)、クレー(土)、グラス(芝)が代表的であり、その他に人工芝や、屋内コート用にカーペットや木材が使用されていることもある。\n競技の性質上、コート面はなめらかでなければならず、コート面を傷つける恐れがあるためテニスシューズを履かないで立ち入ってはならない。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "用具倉庫",
         "description": "テニスコートに張るネットや、そのためのハンドル、貸し出し用のラケットやボール、スコアボード、コートの手入れ用の用具などを保管する倉庫。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "更衣室",
         "description": "テニスコートの利用者が着替えるための部屋。一般的に男女別になっている。ここでテニスウェア等の運動に適した服装に着替え、テニスシューズに履き替えてからコートに出る。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "フェンスとネット",
         "description": "屋外テニスコートでは、ボールが敷地の外に飛び出してしまわないようにテニスコートおよびその周囲を囲んで高いフェンスが建てられている。場所によってはさらにネットで覆うなどしてボールの飛び出しを防いでいる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "屋内コート",
         "description": "テニスコート施設の中には屋内コートも存在する。テニスコートが丸ごと屋内にあるため、出入り口や窓を閉めていればボールが飛び出すことがないのと、空調設備によって季節を問わず適温状況下でテニスができる利点がある。その分、屋外コートに比べれば建設コストは高くなる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "照明",
         "description": "夜間も営業している屋外テニスコートでは、夜間用の強力な照明が設置されいる。所謂ナイター設備というやつで、日没が早い地域や、日中の暑さが厳しい地域などではこれを備えたところが多い。\n屋内テニスコートに照明が備え付けられていることはあえて言うまでもないだろう。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "売店",
         "description": "スポーツドリンクやゼリー飲料などの他にも帽子やサンバイザー、リストバンドやタオルなどの小物、さらに絆創膏や湿布、ガーゼや包帯といった応急手当のためのものを販売している。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "用具のレンタル",
         "description": "テニスコートではラケットやシューズをレンタルしているところもある。ボールは必要分を買うシステムや、あらかじめコート利用料に含まれているところ、レンタルで紛失時にその分を精算する方式など様々。レンタル用のラケットやシューズは必ずしも自分に合うものがあるかは分からないので、テニスをある程度続ける気になったらぜひ自分用の用具を揃えよう。ラケットとシューズだけならそんなに費用もかからないぞ!",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "受付・事務所",
         "description": "テニスコートの利用の受付を行う窓口と、事務処理を行う事務所。多くのテニスコートでは予約優先で運営しており、予約受付と管理、当日の利用説明や代金の精算などがここで行われる。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]


  • 最終更新:2017-08-16 18:56:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード