犬用ベッド

部品構造


  • 大部品: 犬用ベッド RD:4 評価値:3
    • 部品: 構造
    • 部品: お手入れ簡単
    • 部品: サイズ展開
    • 部品: 快適ポケット



部品定義


部品: 構造

一般的に外枠と寝床クッションの組み合わせで作られている。狭いところが落ち着く習性がある犬のために、外枠は高めになっている。外枠と屋根が一体化したドーム型のものもあり、洞穴感をより求める犬たちに人気。

部品: お手入れ簡単

手入れが簡単になるように、ベッド本体が丸ごと水洗いできる素材で作られている。クッション部分は取り替え可能。

部品: サイズ展開

使用する犬に合わせた小型、中型、大型、超大型のサイズがある。超大型サイズになると人間の子供も寝られる大きさになる。

部品: 快適ポケット

保冷剤やカイロを入れるポケット付き。ポケット部は凍傷や低温火傷対策として直接肌に触れない設計になっている。


提出書式


大部品: 犬用ベッド RD:4 評価値:3
  • 部品: 構造
  • 部品: お手入れ簡単
  • 部品: サイズ展開
  • 部品: 快適ポケット


部品: 構造
一般的に外枠と寝床クッションの組み合わせで作られている。狭いところが落ち着く習性がある犬のために、外枠は高めになっている。外枠と屋根が一体化したドーム型のものもあり、洞穴感をより求める犬たちに人気。

部品: お手入れ簡単
手入れが簡単になるように、ベッド本体が丸ごと水洗いできる素材で作られている。クッション部分は取り替え可能。

部品: サイズ展開
使用する犬に合わせた小型、中型、大型、超大型のサイズがある。超大型サイズになると人間の子供も寝られる大きさになる。

部品: 快適ポケット
保冷剤やカイロを入れるポケット付き。ポケット部は凍傷や低温火傷対策として直接肌に触れない設計になっている。




インポート用定義データ


[
{
"title": "犬用ベッド",
"type": "group",
"children": [
{
"title": "構造",
"description": "一般的に外枠と寝床クッションの組み合わせで作られている。狭いところが落ち着く習性がある犬のために、外枠は高めになっている。外枠と屋根が一体化したドーム型のものもあり、洞穴感をより求める犬たちに人気。",
"type": "parts"
},
{
"title": "お手入れ簡単",
"description": "手入れが簡単になるように、ベッド本体が丸ごと水洗いできる素材で作られている。クッション部分は取り替え可能。",
"type": "parts"
},
{
"title": "サイズ展開",
"description": "使用する犬に合わせた小型、中型、大型、超大型のサイズがある。超大型サイズになると人間の子供も寝られる大きさになる。",
"type": "parts"
},
{
"title": "快適ポケット",
"description": "保冷剤やカイロを入れるポケット付き。ポケット部は凍傷や低温火傷対策として直接肌に触れない設計になっている。",
"type": "parts"
} ],
"expanded": true
} ]

  • 最終更新:2017-08-14 21:53:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード