長距離輸送システム「かぐや」

修正履歴

2017/08/17:大部品【防犯カメラによる防犯システム】を流用元部品追加に伴い【防犯カメラによる防犯システム(システム)】に変更
      部品【防犯カメラを使った防犯システム概要】→部品【システム概要】に変更
      部品【有効範囲と規模】を追加
      大部品【防犯カメラ】-部品【防犯カメラの規格】を追加
      RD:6 評価値:4→RD:8 評価値:5となったため、かぐや自体もRD:54→RD:56に(評価値は変わらず)

部品構造

  • 大部品: 長距離輸送システム「かぐや」 RD:56 評価値:9
    • 大部品: ディーゼル機関車 RD:6 評価値:4
      • 部品: 基幹エンジン
      • 部品: ディーゼルエレクトリック方式
      • 部品: 蓄電池
      • 部品: デュアルモード貨車
      • 部品: 客車
      • 部品: 車両整備
    • 大部品: ほねっこ鉄道網 RD:7 評価値:4
      • 部品: 中央駅
      • 部品: あじあ線
      • 部品: みらの線
      • 部品: ふぶき線
      • 部品: トーゴ線
      • 部品: 隠蔽施設
      • 部品: 線路の点検・補修
    • 大部品: テロへの警戒(駅・列車) RD:26 評価値:8
      • 大部品: 駅構内における警戒 RD:3 評価値:2
      • -部品: 駅係員の巡回
      • -部品: 駅構内のゴミ箱の集約
      • -部品: 非常口
      • 大部品: 列車内における警戒 RD:5 評価値:3
      • -部品: 乗務員の巡回
      • -部品: 駅構内のゴミ箱の撤去
      • -部品: 運転室の施錠
      • -部品: 手荷物検査(乗車時)
      • -部品: 緊急停車
      • 大部品: 利用者への周知 RD:2 評価値:1
      • -部品: 情報発信
      • -部品: 利用者の協力
      • 大部品: 警察との連携 RD:4 評価値:3
      • -部品: 出勤時のチェック
      • -部品: 報・連・相
      • -部品: 警官(犬士)の活躍
      • -部品: 大規模訓練
      • 大部品: 危険物対策班 RD:4 評価値:3 (*1)
      • -部品: 処理スタッフ
      • -部品: 危険物の発見
      • -部品: 運搬方法
      • -部品: 爆発・密閉処理
      • 大部品: 防犯カメラによる防犯システム(システム) RD:8 評価値:5 (*2)
      • -部品: システム概要
      • -部品: 有効範囲と規模
      • -部品: 設置型カメラ複数設置による死角フォロー
      • -部品: 広域データ観測による時系列の把握
      • -部品: 防犯カメラの情報の集積
      • -部品: 防犯カメラの設置場所の工夫
      • -大部品: 防犯カメラ RD:1 評価値:0
      • --部品: 防犯カメラの規格
      • -部品: プライバシー保護
      • 部品: 駅構内や列車の定期検査
      • 部品: 危機管理室との連携(駅・列車内)
    • 大部品: 利用者用施設 RD:15 評価値:6
      • 部品: トイレ(駅)
      • 部品: 構内地図
      • 部品: 休憩室(駅)
      • 部品: 授乳室(駅)
      • 大部品: 売店 RD:11 評価値:5
      • -大部品: お土産 RD:5 評価値:3
      • --大部品: じょり丸様ぬいぐるみ RD:4 評価値:3
      • ---部品: 基本デザイン
      • ---部品: サイズと価格
      • ---部品: 素材
      • ---部品: バリエーション豊富
      • --部品: 特産品の販売
      • -大部品: 駅弁 RD:6 評価値:4
      • --部品: 特製弁当「かぐや」
      • --部品: 2色のパスタセット
      • --部品: カップパスタ
      • --部品: サンドイッチ
      • --部品: スタミナボックス
      • --部品: おかずクレープ



部品定義

部品: 基幹エンジン

発電のための基幹エンジンは「枯れた技術」とされているが発電機の小型化、モーター制御機構にはほねっこの技術陣によるI=D製作のノウハウが使用されている。

部品: ディーゼルエレクトリック方式

電気式とも呼ばれる。ディーゼルエンジンで発電機を回すことで電力を発生させモーターで駆動する機関車。かぐやの車両は一般的な液体式ではなく電気式を採用している。大きな理由は、必要とされる大型のトルクコンバータの開発および車両への搭 載が困難であったため。
また、場合によって二重連、三重連での運用が想定されていたため、列車全体での統括制 御が容易な電力式が選ばれたのである。

部品: 蓄電池

宇宙もしくは高々度低酸素環境での使用すら可能なディーゼル機関車を創り上げる為に採用している。地上での利用の場合には殆ど使用されない。

部品: デュアルモード貨車

一般的な物資はコンテナシステムで対応できていたが、資源集積地の用意が進まない(空爆による拠点破壊を恐れ分散)、一般道での牽引が可能なデュアルモード貨車をしようしている。自前の発動機を持ち引き込み線から連結解除されてそのまま道 路に出ることのできる動力付き貨車、トレーラを必要とする無動力貨車があった。また、I=Dや装甲車両の輸送にはI=D輸送車両、装甲車両そのものに鉄道貨車フレー ムを付けて列車として牽引する手法もとられ、その際には駆動力を確保するために機関車 は重連使用されることが多かった。

部品: 客車

乗客が利用する客車には数種類あり、それぞれ路線・目的別に使い分けられている。地上の各路線では通勤や通学の時間帯に走る普通車両、観光向けに窓が大きく座席もゆとりを持たせた観光車両がある。さらに特別なイベントのときに走る特別車両も。
宇宙行きの路線では、厳重に気密性を持たせ各座席にシートベルトも備えた専用車両が用いられている。緊急時のための簡易宇宙服なども備品として積載されている。

部品: 車両整備

鉄道の車両は毎日車庫に入ったのちの点検が行われ、不具合があったものは直ちに整備に回される。また不具合が見つからなくとも定期的に整備に回され、常に本来の性能を発揮できるように調整されている。

部品: 中央駅

陸の玄関口の一つとして新ほねっこ城市中心部にある。旅客駅と貨物駅両方を兼ねており、貨物・機体搬入用と一般国民用の駅舎は入り口が分かれており、貨物駅は関係者以外入ることが出来ない。旅行者や国民が間違って入らないように配慮されている。

部品: あじあ線

ほねっこの山里と海里を繋いでおり、行き来するものには欠かせない路線。路線途中では広大な小麦畑が広がっており、季節ごとに見せる景色が違ってくる。冬に吹き荒れる地吹雪は他国の人間には珍しく観光客が訪れることもある。

部品: みらの線

海里と工業地帯及び沿岸地帯を結ぶ路線。主に工業関係者・貿易関係者が利用することが多い。沿線に工業団地にある六つ斑分校があるため学生の足としても利用されている。

部品: ふぶき線

山里を走る路線。ほねっこ城市内を走行する路線であり、学生や市内への行く為の公共機関としての利用が多い。

部品: トーゴ線

あじあ線・みらの線・ふぶき線とは異なり一般国民が使うことはない。これは宇宙線であり主に宇宙へ向けて物資及び人員の輸送を目的と舌路線である。

部品: 隠蔽施設

宇宙線は国家の重要施設でもあり、空爆を避けるために場所などは隠蔽されている。特に冬は雪によってその効果は増大する。

部品: 線路の点検・補修

通常の車両が運行していない深夜や早朝にかけて、専門の職員が線路の状態を点検して回っている。老朽化による歪みなどは大きな事故につながるため、日々の点検と補修が欠かせない。

部品: 駅係員の巡回

駅係員や警備員により、日々の定期的な見回りが行われている。威嚇しすぎず、弱く見えすぎずを心がけている。異常があればすぐに危機管理室に連絡をする。

部品: 駅構内のゴミ箱の集約

ゴミ箱は駅係員の目の届く場所にのみ設置され、中身の見える透明のゴミ箱を使用している。ゴミは溢れる前に清掃担当者が片付けるよう徹底されている。

部品: 非常口

テロなどの緊急事態が発生した場合、係員・警備員は訓練時の行動に従い駅利用者をすみやかに非常口への誘導を行う。構内マップには表示されているが、普段は施錠されている。

部品: 乗務員の巡回

乗務員や警備員により、各車両の見回りが行われている。座席下や上部の荷物置き場は特に重点的にチェックするようにしている。異常があればすぐに危機管理室に連絡をする。

部品: ゴミ箱の撤去

列車内にはゴミ箱を設置しないようにしている。ゴミは利用者各自で持ち帰っていただくよう周知徹底を行っている。

部品: 運転室の施錠

運転室は列車の運行に関わる場所のため、不審人物が侵入できないように厳重に施錠されている。乗務員や危機管理室とは無線通信で連絡を取り合えるようになっている。

部品: 手荷物検査(乗車時)

乗車時に乗客の手荷物をチェックするようになっている。乗客はいかなる理由があっても拒むことはできず、係員は賄賂を受け取ることを厳しく禁じられている。

部品: 緊急停車

車掌および危機管理室が緊急事態発生を感知した場合、車両の運行を止めることができる。基本的にドアは乗務員が開け、安全を確認した後に乗客を線路上へと誘導することになっている。

部品: 情報発信

テロへの警戒を行っていることを、ポスターやアナウンスなどで発信している。利用者に安心して利用していただくとともに、犯罪の抑止力になることが狙いだが、冤罪にはならないように防犯カメラ設置などで対策をしている。

部品: 利用者の協力

不審物や不審者を発見した場合は直接接触せず、近くの係員にお知らせいただくよう協力をお願いしている。近くに係員がいない場合は、各所に設置されているインターホン等を利用していただく。

部品: 出勤時のチェック

その施設の職員、警備員は不審者が紛れ込めないように、出勤時に各人のにおいを記憶した警官(犬士)のチェックを受けなければならない。そのため、出勤前ににおいのきつい飲食物を摂取したり香水を使用することは禁止されている。

部品: 報・連・相

係員・警備員と警察との間でしっかりと報告・連絡・相談が行われるように、普段からの交流で徹底されている。

部品: 警官(犬士)の活躍

警官のアイドレスを着用した犬士も配置されており、特有の嗅覚や聴力でいちはやく不審物・不審者の発見に貢献している。

部品: 大規模訓練

警察主導の下、実際にテロが起きたという想定の大規模訓練が年に1回実施される。普段からの警戒も大事だが、訓練に参加することで正確なシュミレーション、問題の洗い出し、危機意識の向上ができる。

部品: 処理スタッフ

危険物処理スタッフは、専門チームが組織された。メンバーには爆発物処理班としての経験のある軍人や警察関係者が選ばれた。

部品: 危険物の発見

放置されたトランク、キャリーケース等の荷物など「本来そこにあるべきものでないもの」は、危険物とみなされて専門チームに情報を伝達した。

部品: 運搬方法

危険物は現場で冷却・凍結処理等の一次処理が行われたあと、特殊車両によって運搬される。運搬先は人家や人気がないところを事前に設定していた。

部品: 爆発・密閉処理

爆発物は原則として密閉、爆破などで安全な処理が図られた。また、通常の爆破処理では問題がある場合は、専門家に速やかに連絡をとり、むやみな判断をしないこととした。

部品: システム概要

観測される範囲の安全を確保し防犯につとめるために運用されるシステムであり、当然ながら観測する側が範囲内のものを管理、支配するためのものではない。

部品: 有効範囲と規模

防犯カメラが設置されている場所でしか有効にならない。
個人、民間組織、公共など利用者に制限はないが
防犯カメラを設置する範囲が自己の管理下であることが必要。
範囲が広くなればなるほど、そのデータを管理する組織、機材の規模も大きくなる。

部品: 設置型カメラ複数設置による死角フォロー

設置型カメラの首は回る角度が決まっており、360度すべてを見られるわけではないのでどうしても死角が出来てしまう。
複数台設置することでその死角を補い、より精度のある情報を記録できる。

部品: 広域データ観測による時系列の把握

同時に広域を観測することで、その時系列を追うことができる。例えばそこに写っている人がどのような順序で道を歩いたか…などが複数のカメラの映像を繋ぐことで推測できる。

部品: 防犯カメラの情報の集積

過去の情報を解析することで犯罪捜査に役立ったり、事件発生率を把握、危険地域を特定できる。ただ、記録情報も記録媒体の容量を必要とするため、特別な情報以外は一定期間で廃棄される。
警察組織以外が管理している場合、犯罪捜査協力として警察組織に情報を提供する場合がある。

部品: 防犯カメラの設置場所の工夫

テロ防止、防犯の意味であれば人の多く集まる場所に設置し、犯罪の抑制に使用する。また、薄暗い通りなど住民に危険がおよびそうな場所に設置することで同様の効果が得られる。

部品: 防犯カメラの規格

犯罪の証拠として撮影した映像を解析し犯罪捜査に役立てるのはもちろんだが、そこに防犯カメラが「ある」と思わせるだけで犯罪の抑制になりうる。
前者の場合は目立たない場所に、後者の場合は目立つ場所に設置されることが多い。
情報は設置者の下へ集められる。
複数設置することで死角を補う効果はあるが 全く同じ場所に沢山つけて同じ方向を写しても意味はない。

部品: プライバシー保護

国民のプライバシーは守られることは、重要である。
しかし、テロ対策として、個人の記録の閲覧・利用が必要な場合もあり、その場合は、法の司、護民官と協議の上、藩国上層部の責任として閲覧・利用することがある。

部品: 駅構内や列車の定期検査

備品や機材等に異変が無いか、定期的に検査することが徹底されている。異変があれば即座に上司に報告し、緊急を要するものであれば直接警察に連絡するなど適切な対処をとれるようにしている。

部品: 危機管理室との連携(駅・列車内)

駅の危機管理室では主に防犯カメラや列車の運行状況のチェックが行われている。現場との連絡も無線通信で頻繁に行い、異常があればすぐに駆けつけるよう指示される。

部品: トイレ(駅)

男性用、女性用、身体障碍者用がある。また、列車へは飼い犬同伴可なので犬用トイレとわんこの落とし物入れ袋、専用ごみ箱も設置されている。

部品: 構内地図

駅構内をわかりやすく表示した地図。目の不自由な方のために点字でも書いている。困りごとがあれば脇に設置されたインターホンで駅係員を呼ぶこともできる。

部品: 休憩室(駅)

待合室も兼ねた休憩スペース。禁煙。椅子や机が置かれているだけだが、待ち合わせや売店で買った駅弁を食べることもできる。

部品: 授乳室(駅)

赤ちゃんを連れた女性のみ入ることができる(駅係員や清掃員は女性のみ入れる)。それほど大きなスペースではないが、授乳コーナー、ソファーとオムツ換え台、ミルクをつくるのに適温のお湯がでるシンクが設置されている。

部品: 基本デザイン

後ほねっこ男爵領王犬じょり丸様を象ったぬいぐるみ。じょり丸様の姿を上手に簡易化したデザインで、制作のしやすさも考慮されている。もちろんかわいい。

部品: サイズと価格

手のひらサイズ(小)・サッカーボールサイズ(中)・実物1/2サイズ(大)があり、価格はお手頃価格~特別な日のプレゼント価格となっている。

部品: 素材

中身は綿で外側は手触りのいいフェルトでできている。やわらかいので中に異物が入っていてもすぐに気づける。くりくりの青い瞳と艶のあるお鼻はボタンで表現され、しっかりと縫い付けてある。

部品: バリエーション豊富

着せ替え用衣装もいくつかあり、お医者様バージョン(中)は病院を嫌がる子供への頑張ったご褒美として特に人気。次いでかぐや号の車掌さんやサンタさんバージョンも人気が高い。

部品: 特産品の販売

じょり丸様ぬいぐるみのほかに、火足藩王が書いたTRPGリプレイ本、ボードゲーム、サーモンの燻製、ヴァイツェンビア、迷宮巡視員と迷宮案内犬も携帯している世界一おいしい携帯食(自称)、宝飾工房で製作された宝飾品などの特産品も販売している。

部品: 特製弁当「かぐや」

特急列車と同じ名前をつけられたイチオシ駅弁です。
白と黒の2色の丸パンに、色とりどりの具材を刺した串焼き、乾燥させた小エビ粉末を混ぜた衣で揚げた白身魚に、細切りのジャガイモを揚げて籠状にした中に野菜を盛ったサラダ。
それから、月に見立てた目玉焼きに、デザートのアップルパイと、いろいろ盛り込んだ特製弁当です。


部品: 2色のパスタセット

それぞれ2種類の味付けが用意されており、4通りの組み合わせが楽しめます(トマトソースのパスタ(ボロネーゼorシーフード)・ほうれん草生地のクリームソースパスタ(ベーコンorサーモン))。
要望があればパスタの種類を増やしていくと、商品開発部は意気込んでいます。
ダイスポテトと豆のサラダも、コロコロとした食感が楽しい。

部品: カップパスタ

忙しい人や、そんなにたくさん食べられないわ。という女性向けに用意された商品です。
水菜やレタス、細切りにしたニンジンなどの野菜と、グリルしたチキンを細めのパスタと一緒に片手で持てるカップに盛り付けてあります。
ソースは、生クリームをベースにチーズとレモンの風味を利かせています。
片手にカップ、もう一方にフォークを持って、できる女性の昼食を!


部品: サンドイッチ

ほねっこの伝統的な食べ物です。
どの駅にも必ずといっていいほどお店はありますが、具材の種類はまちまち。
新ほねっこ城市の中央駅の地下にある本店には30種類以上の具材が揃っているそうです。

部品: スタミナボックス

列車の中でもがっつり食事したい!という方に向けて開発しました!
2段構造の容器は、上にパンやおかず、下にはたっぷりのシチューが入っており、さらに容器についた紐を引くと、蒸気が出て温められる構造になっています。
ジャガイモをたっぷり加えたオムレツはボリューム満点。
魚介のフリットや野菜のグリルは、そのまま食べてもよし、シチューに入れても、パンに挟んでもOK。

部品: おかずクレープ

小麦粉を溶いた厚めの生地で、いろいろな具材を包んだ食べ物。
デザートとして食べるクレープよりもしっかりとした食べ応えのある生地になっています。
片手で持って食べられることもあって、簡単な食事として人気。

  • 最終更新:2017-08-18 20:14:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード